模様替えをしたら胸中まできれいになりました。

誠にな梅雨はビジョンも下がってしまいます。

お洗濯商品も乾かないし、内部に色とりどりの洗濯商品が干してあって、気持ちが落ちつかないです。
こんなときは、思い切って模様替えをしようと思いたち、さっそくおメンテナンスから始めました。
常々、開かずの取り出しになっている店を勇気を出してあけてみると、使いかけのハンドクリームやら、どこかでもらった化粧品の試料やら、知人からもらった韓国お記念のシートツアーやら、生ずるわ見つかるわ、がらくたが山ほど!!
次々捨てていたら、3段あった取り出しのうち、2段はからっぽになりました。
他にもキッチンやドレッサー、テレビジョン卓などをかたっぱしから片付けて、実にスッキリきれいになってから、初めて模様替えに挑みました。
しょっちゅう窓側にあったベッドの位置を壁面側に寄せるという、壁面に素晴らしい画像たてや張り紙を飾りつけたくなりました。
それに古臭いソファーのケガも気になりだして、ソファーカバーが恋しくなりました。
ソファーカバーをオレンジにしたいなと思ったので、カーテンもオレンジに合いそうなアースカラーにしたいななんてつぎつぎ思いがでてきてしまいました。
ちょうど予定もなかったし、いきなり家具や生地のお暖簾を見に行きました!
なのでソファーカバーや、バッファ、スリッパってベッドカバーまで購入してしまいました。
低いお暖簾でそろえたので、全部で10000円いきませんでした。
カーテンだけは、依頼だと総額超過だったので、今回は先送り。帰宅して、直ちに真新しいソファーカバーに良いバッファをセットし、同系色調のベッドカバーをつけたら、再びほんとにお広間の想像がさっさと明るくなりました。
単にこれだけの事なのに、ぜんぜんリフォームしたかのように見方が変わることに驚きです。
模様替えって甚だ良い気分交換になりますね。
10000円くらいでこんなにも気晴らしできて「お広間をきれいに使おう」って思ったり、「広間にお花も飾ってみようかな」という心の残りが生まれたり始めるのなら、半年に1回くらいはあんな模様替えを通しても良しなと思います。
インセンティブがでたら、こんどは依頼カーテンを作ったり、キッチン設備の色調を揃えたりして、少しずつ素敵なお広間をつくっていきたいなと思います。
断捨離とか、風水とか言いますが、取り敢えず近隣がすっきりして、揃うため、ビジョンまで揃うことがあるのだなと実感しました!
無理強い近隣をこぎれいとして、ストレスなくライフサイクルができる環境にいると、気持ちも前向きになるのだと思います。ここのサイトが役に立ちました